企業情報

沿革

1898年(明治31年) 大阪市西区で日米礦油合資会社創立
米国スタンダード石油の一手販売店として営業開始
1909年(明治42年) 日本石油と特約販売契約、石油製品の販売を中心に全国に営業圏を拡大
1927年(昭和3年) 株式会社に組織変更し、資本金を50万円に増資
1938年(昭和13年) 本社を東京市日本橋区に移し、大阪市西区の大阪販売店を大阪支店とする
1942年(昭和17年) 戦時統制期、社名を日本油業(株)に変更し、日本油業(株)と日本重油(株)の東西2社に分割
1944年(昭和19年) 本社を大阪市西区に移転
1945年(昭和20年) 社名を旧社名日米礦油株式会社に復活
1948年(昭和23年) 鹿児島支店を開設
1953年(昭和28年) 不二礦油(株)を合併、資本金を1,000万円とし、東京支店、名古屋支店を開設
1954年(昭和29年) 太田石油(株)を設立
1959年(昭和34年) 日本石油瓦斯(株)とプロパンガス販売特約を締結
南邦石油(有)を設立
1961年(昭和36年) 大阪市西区に本社新社屋完成
資本金を5,000万円に増資
1966年(昭和41年) 石油業界初の電子計算機を導入
日米礦油労働組合結成
1969年(昭和44年) 日米レジン(株)設立
1973年(昭和48年) 資本金を1億7,000万円に増資
1978年(昭和53年) 創立80周年を迎える
1980年(昭和55年) 資本金を2億5,500万円に増資
1982年(昭和57年) (株)セントラル情報サービス設立
1986年(昭和61年) ニチベイ・レンタリース(株)設立(現オリックスレンタカー関西(株))
2008年(平成20年) 創立110周年を迎える
2013年(平成25年) 東京支店を千葉市美浜区に移し、東日本支店とする
2014年(平成26年) ガス鹿児島支店を鹿児島支店に統合する

日米礦油株式会社は、潤滑油・溶剤、油吸着剤、油処理剤、部品洗浄、印刷機械洗浄剤、クリーニングなどの工場施設や専門分野向けの製品・サービスや、家庭用太陽光発電、家庭用燃料電池(エネファーム)、ガス機器、リフォーム、LPガス、サービスステーション、リース、保険などの一般ご家庭や企業様向けの製品・サービスをご提供しています。

日米礦油株式会社

〒550‐0015 大阪市西区南堀江4丁目25番15号
Google Mapはこちらから。
TEL.06‐6538‐7071(代表)

ISO14001:2004認証取得 登録番号2006/326

Page Top カウンター