企業情報

ごあいさつ・経営理念

代表取締役社長 太田重彦 付加価値創造の経営を

人間は、人と人が関わり合いながら社会生活を営んでいます。企業は、その人間社会における存在ですから企業を経営するという事は"人"をどう考えるかが重要な課題になります。その"人"は皆幸せでありたいと願っています。平和で穏やかに生きたいと思っています。その実現のためには、何がしかのお金が必要であり、そのお金を手にするためには、社会が認める仕事をしなければなりません。
企業は社会的な存在であり、その企業の実体は社員の集合体でありますから、その強さは、社員一人ひとりの強さの総和によって決まります。
従って、経営には人を大切にする人間尊重の理念が必要であり、人を生かすシステムづくり、組織づくり、職場づくりが重要になります。

では、日米礦油は何を扱って経営しているのかと言いますと、名前が示す通り、その太い柱は石油製品の販売とその周辺サービスであります。具体的に表現しますと、ガソリンスタンドでは、もちろんガソリンなど燃料油を販売しますが、同時に、洗車・車検・保険・キズ修理……。大きな工場へは、燃料油・潤滑油など石油製品を販売すると同時に、職場環境をクリーンに保つさまざまな環境関連商品や当社独自のサービスシステム商品を販売します。
「日米礦油は油屋?」と問われれば、そうではあるけれどもピッタリそうであるとは言えない。なぜなら、石油製品を柱としていますが周辺の付加価値商品群が結構大きなウエイトを占めているからです。

現代のように流れの速い社会にあっては、人々の価値観は忙しく変化します。 形のあるモノであっても形のないモノであっても、人々が何に関心を持ち、何にお金を使ってもよいと考えるのか予測しなければなりません。その勘どころをちゃんと把握して"意図した活動の方向性"を歩めば、新しいビジネス、新しい職場づくりも可能です。
これからの少子高齢化社会では、健康でさえあれば永く働ける職場づくりは、会社にとっても、社員にとっても重要な経営課題と考えております。
石油製品を太い柱として、付加価値創造商品の柱を沢山作り、安定した経営を目指しています。

経営理念

  1. 日米礦油株式会社は積極的なマーケティング活動を通じて
    顧客創造を行ない、感謝と奉仕に撤し、
    当社の永続的な発展による健全な事業活動と社会的責任を遂行する。
  2. 日米礦油株式会社は社員各自が能力と創意を充分に発揮して、
    各自の業績が公正に報われる制度と組織を確立する。
  3. 日米礦油株式会社は広く人材を求め、人間能力の可能性に挑戦し、
    根性と信念のある立派な社会人を養成する。
  4. 日米礦油株式会社は変化する産業界の動向並びに消費者指向に対処する知識と技術を高め、
    地域社会の信頼と支持を得る人づくりをする。
  5. 日米礦油株式会社は日々新たなる質の改善、量の拡大に取組み、
    その諸活動を通じて社会の公益増進に寄与すると共に、
    当社の伝統を維持発展させ健全な法人市民として行動する。

反社会的勢力に対する基本方針

  1. 反社会的勢力とは、一切関係を持ちません。
  2. 反社会的勢力への資金提供は一切行いません。
  3. 反社会的勢力の不当な要求に対しては、組織全体として断固たる姿勢で拒絶し、
    民事・刑事の両面から法的対応を行い、かつ、対応する従業員の安全確保に努めます。
  4. 反社会的勢力の不当な要求に備えて、警察、弁護士等の外部専門機関との緊密な連携を図ります。

日米礦油株式会社は、潤滑油・溶剤、油吸着剤、油処理剤、部品洗浄、印刷機械洗浄剤、クリーニングなどの工場施設や専門分野向けの製品・サービスや、家庭用太陽光発電、家庭用燃料電池(エネファーム)、ガス機器、リフォーム、LPガス、サービスステーション、リース、保険などの一般ご家庭や企業様向けの製品・サービスをご提供しています。

日米礦油株式会社

〒550‐0015 大阪市西区南堀江4丁目25番15号
Google Mapはこちらから。
TEL.06‐6538‐7071(代表)

ISO14001:2004認証取得 登録番号2006/326

Page Top カウンター